食べられる喜びをいつまでも

口から食べることは、真の栄養になり、生きる喜びにつながります。

口から食べることによって病気の回復も早くなることが最近の研究で明らかになっています。我々歯科医師の使命は口から安全に食べることを支援することであり、このことは我々の大きな喜びでもあります。

昔から「口は健康(病気)の入り口、魂の出口」と言われますが、口は食べることだけではなく、生命や社会的生活を営むために根本的な役割を持っています。そして人間の尊厳とも深く関わっています。

国も後押しをしてくれています

2013年8月に出されました社会保障制度改革国民会議の報告書の中で

1)医療の目的は、従来の「治す医療」からよりQOLを重視した「治し・支える医療」への転換
2)在宅等住み慣れた地域の中で患者等の生活を支える地域包括ケアシステムの構築が不可欠

という答申が出されました。そしてこれを受けて2014年4月より医療制度改革の中で在宅医療の推進および医療と介護の連携が強く打ち出されました。このように国は超高齢社会を迎えて、国民が安心して医療や介護サービスにアクセスできるように在宅医療を支える制度を推し進めています。

在宅歯科医療の内容

在宅歯科医療には3つの柱があります(図2)。

1)歯科診療
2)口腔のケア
3)リハビリテーション

以上の3つの柱は、疾病の内容、疾病のステージや時間の経過とともにその比重が変化していきます。多くの在宅歯科医療のなかでは、3つの分野が同時に必要となります。

>口から食べること応援します

口から食べること応援します

-------詳しくわかる個別無料相談実施中--------
大串歯科マークイズ福岡ももち
福岡市中央区地行浜 マークイズ福岡ももち4F
歯科訪問診療、施設、病院、自宅対応
駐車場1300台
電話予約:092-834-3431
診療日 月・火・水・木・金・土・日
日曜・祝日も診療
年末年始の休診日はクリニックスタッフにお尋ね下さい。

CTR IMG